フジスポーツクラブのブログ


今月のフジスポだよりに掲載した内容です!

10月号

『教育を通じて外してはならない大切な事は?』

 

教育の本質は勝利や優秀な成績を残すことも大切ですがそれのみを目的とするのではなくその過程で人間的成長を手に入れることが私達は本当に大切で外すことが出来ないことだと思っております。

近年、ITなどの技術の発達やコロナなどで社会構造や常識が大きく変わったこともあり以前に比べて、より自分で考え、自分で判断し、行動に移せる『自律』が何より求められるようになっております。

一方的に知識をインプットしたり強制的に覚え込ませるやり方で結果を求める教育方法では自律を手に入れることは難しく、自分で考えチャレンジしてみる、失敗も経験しながら進んでいくことが成長の為には何より重要です。

人はマニュアルや教科書通りには育たず失敗や挫折の経験を通じて一番成長する生き物です。

大人が子供の失敗したこと自体を怒り失敗させないように委縮させるような指導ではなくむしろ貴重な失敗環境を奪わずにそこまでに挑戦する姿勢や勇気を称賛し本人と一緒の立場になり、なぜ失敗したのかを真剣に考え、子供が自分自身で答えを導き出していける意欲を出せる環境を整えることが何より大切であると考えています。

 

■現実の指導現場で起きている課題は?

残念ながら現状では子供達を数値や順位のみで評価する傾向が多いことや失敗した事自体を指摘する場面も多く失敗を恐れずチャレンジする気持ちを奪ってしまい自律していける場面が少ないと感じております。

スポーツの世界ではそういう、結果や勝利のみを重視することを『勝利至上主義』と言い失敗は悪とされとにかく勝つこと、勝てば手段を選ばないと言った世界がまだまだ多くて長年崩れておりません。確かに皆勝ちを目指しているわけですから勝つことは大切なのですが、もっと大切なのは勝利を目指す過程で失敗や敗北や経験を通じ最適解を探し壁を乗り越え人間的に大きく成長する事が一番の目的であるべきです。

 

■子供の将来を考えて

子供達の人生はこの先長く続きます。

大きくなって成人すれば本当に自分の力で道を切り開いていかなくては行けなくなります。

よって子供たちの将来に向けて成長の肥やしとなる貴重な失敗体験を決して奪っては行けないし我々はそれを乗り越える子供達を心から応援しなくてはいけないと思っております。

 

■人間形成に適した環境は?

人間形成をしていく上での環境提供において主に気を付けていることは以下のような環境です。

 

◆失敗自体を否定せずチャレンジを称賛する環境 

👉時に自分で決めた出来るチャレンジをしないことへも真剣に向き合います。

◆自ら進んでやる、挑戦する意欲をかき立てるような楽しい環境

👉人は好きな事、やりたい事には全力を投じることが出来ます。

◆人間味が出せる場面作り(礼儀・謝罪・感謝・他者や友達の理解)

👉子供達に人の気持ちを理解出来るような背中を見せる指導者や大人が同じ環境にいる必要があります。

 

是非ここまでの事をご家庭でお子様と接する際も参考にして頂き自分から考え行動できる自律したお子様を育んで行って頂ければ嬉しい限りです。

今後とも宜しくお願い致します。 





Copyright(C) フジスポーツクラブ. All Rights Reserved.