たくさんの子供達がやがて親となり戻ってきてくれる理由とは?

 『ダブルゴール育成へのこだわり』

当クラブは創設50年を迎えます。お陰さまで昔、当クラブに通ってくれていた子供達が現在保護者となりお子様を当クラブに通わせる為戻ってきて頂いている方がたくさんいらっしゃいます。

 

■戻ってきてくれる理由を考えてみた・・

  • (1)勝利や成績や上達の成果追求
  • (2)それだけではない人間的成長と自律への大きなこだわり。

この2つのゴールを勝利や成果だけに隔たらず両方とも大切にしてきたことが良かったのではないかと思っております。

 

■そうではないという意見も・・・

こう言う話が出ると『成績はどうでも良いのか?』『勝たなくて良いのか?』というご意見も出たりしますが、そうではありません。

我々は当然目の前の成績や勝利も大事にしております。

しかしそれ以上にお子様のスポーツから学べる人間力の向上に大きなこだわりを持ち日々育成に励み研究しております。

関わっている間だけのことではなく将来を見据えた指導であるべきというのが我々のスタンスです。

 

■子供達を取り巻く環境は?

一方、残念ながら現在も子供達を取り巻くスポーツの環境には成績や勝利のみを重視しスポーツ本来の人間形成をおざなりにされてしまっている現実もとても多いことも事実であり大きな課題です。

 

■勝利や成績のみを追求した結末は?

勝利のみを追求し一方的に知識や技術を植え付けたり指示を出し続ける教育環境に身を置き続けるとその世界からいざ一般社会に出たとき、人の痛みを感じ取る力が弱かったり、壁に当たった時自分で工夫や創造をし考えて乗り越える方法を見つける力がついてなかったり、指示がないと自分から動けない、失敗すると反省ではなく隠そうとする、勝てれば何をしてもいいと言った甘い考え、など色んな弊害が出ているケースがあります。

 

■結論は両方大切に・・・そしてこれからも。

当クラブもこの50年間、目の前の成績や勝利を追い求め子供達と並列のポジションでともに全力で成果を追い求めても来ました。そしてそれ以上に大切にしていることは子供達の人間形成の為に今何が最適かを成績のみが答えと決めつけず時には敗北や失敗を通じて成長する機会を見逃さず人間力を育むようにしてきました。

人間が一番成長出来る場面は失敗した時であり失敗できる環境提供も大切にしてそこから多くを学べる子供をこれからも育み続けます。

 

更にこれからは指導者自身が研究するのはもちろん、保護者の方にも情報提供や学びの場を提供させて頂き指導者、保護者様、お子様の三位一体で他にないプログラムをお子様を育くむ為に提供します。

 

それにより単に運動が出来る子、体操が上手い子を育てることにとどまらず、人間として魅力的な子になってもらう為のいわば『人生の基盤つくり』の最初の一歩をここでスタート出来るようにしております。

 

きっと子供達にとって『大切な宝物』が得れるはずです。さあ皆さんで『人生の宝探し』一緒にがんばりましょう!

 

株式会社フジスポーツクラブ

代表取締役社長 宮下裕至

 

会社概要

会社名 株式会社フジスポーツクラブ
設立 1972年2月
代表者 宮下裕至
資本金 1320万
従業員数 15名
事業内容 体操教室をメインとし野外教室など自律促進のプログラム含む運営
主要取引先 ミズノ株式会社・ セノー株式会社・京葉銀行
ホームページ http://fujisportsclub.com/
本社 〒2730005 千葉県船橋市本町7丁目7-1船橋ツインビル西館7F



Copyright(C) フジスポーツクラブ. All Rights Reserved.